女性たち

早めに着物を購入するメリット!着付け方法を練習する時間を確保

肌色を考慮

お茶を持つレディ

特別な日に着用する振袖は、どんな色合いのものが自身にピッタリなのか、わかりにくいと感じる人もいるでしょう。普段着とは異なり、特別な日にだけ着用する代物であるので、呉服屋に行っても迷ってしまう可能性が高いです。めったに着用しないものであっても、自身にピッタリなデザインのものを着用して華やかな印象を与えていきたいものです。こちらでは、自身にピッタリな振袖を選ぶポイントを説明します。参考にして選んでいただけたら幸いです。基本的に、振袖を選ぶ時には、自身の肌の色を考慮してから選びましよう。肌の色によっても、どんな色合いのものが似合うのかが異なってくるからです。自身の肌に合わせた振袖でないと、華やかな印象を与えるのが難しくなるのは確かです。

肌が色白の人に関しては、どんな色合いの振袖でも合わせやすいですが、色白な肌をより魅力的にしたいという場合は淡いパステルカラーのものを選びましょう。淡い色合いのパステルカラーをした振袖なら、白い肌を引き立ててくれるのでより周囲の人に魅力的な印象を与えられるのは間違いありません。黄みかかった肌の人なら、明度が高めな色のものがおすすめです。特に黄色や緑系統のものを選べば、肌の色にもなじみやすいでしょう。そして、色黒で健康的な感じの人は、はっきりした濃い色のものを選ぶのがおすすめです。はっきりしたものを選べば、バランスよく見せられるのは確かです。自身の肌色のことを考慮すれば、適切な色合いのものが見つかりやすくなるのは間違いないので、呉服屋に行く前には肌色の特徴を熟知しておきましょう。